東京・神奈川・埼玉の窓ガラス・サッシのことならハイサッシ
0120-14-8134 受付時間:9:00 -17:00
土日・祝日休み
お電話でのお問い合わせ
0120-14-8134
042-472-7904
042-470-4904
受付時間:9:00 -17:00 土日・祝日休み 閉じる

窓ガラスが割れた際の対処法

窓やサッシのガラスが割れた際、慌ててしまいます。そのような時どのようにすれば良いか対処法をまとめてみました。

まずは何より安全を確保しましょう。

お子さんやペットの避難

小さいお子さんがいらしたり、室内でペットを飼われている方は、別の部屋で待機させたり、ガラスに近づかないように、対処しましょう。


ご自身(掃除する方)の安全確保

素足や靴下で割れたガラスに近寄ると、細かいガラスの破片が刺さったりと、怪我をしてしまう可能性があります。
スリッパを履きましょう。ただ、スリッパは横が空いており、作業中に足の裏とスリッパの間に巻き込む可能性もある為、ガムテープでぐるっと脇を目張りする等の対処を行うと良いでしょう。
あるいは、底が固くて、厚い革靴やスニーカーなどがあれば、そちらも安心できます。


手の安全確保

この後、片付けを行う際に、手で作業しますので、手の安全も確保しましょう。軍手1枚で心配な場合は、2枚重ねにしたり、無い場合は、タオルを巻いたり、なべ掴みを活用したり、工夫してみましょう。
厚手の皮手袋だと、なお良いです。


大きな破片の撤去

安全に配慮しながらダンボールに大きい破片をいれていきましょう。ダンボールがない場合は、スーパー等で相談して確保したりしましょう。
窓についている破片は危険です。いつ落ちてもおかしくない上の方のガラスに関しては、撤去可能であれば、はずしておきましょう。難しいと思った際は無理をせずに、触らないようにしましょう。窓枠をダンボールで覆ってガムテープでとめておくだけでも、万一落ちた際に飛散を防げます。
割れた窓やサッシの開け閉めは控えましょう。動かさないに越した事はありません。
通常はガラスを入れ替える事になるので、業者に処分の相談をしましょう。弊社では、処分に関して対応致します。


ガムテープの活用

窓ガラスの割れ方が小さい場合は、ひびの箇所をガムテープでたどって、つながりを強固にしておきましょう。


小さな破片の撤去

ガラスの交換や撤去は専門業者に相談するとして、一旦生活の場を確保する為に、小さい破片を片付けましょう。
中くらいや目に見える破片は、箒でまとめましょう。
目に見えない位小さい破片は、地道にガムテープやコロコロで片付けていきましょう。その際に手にささらないように細心の注意を払いましょう。


掃除機使用の注意

小さい破片は掃除機で吸い取った方が確実で楽ですが、最近は、サイクロン式の掃除機などケース内が破損する等の理由からガラスの破片の吸い込みを控えるよう注意書きのある掃除機もあります。皆さんのご自宅掃除機の取扱説明書を確認しておくと良いでしょう。


無理をせずにご相談を

ガラス破損の修理は、ご近隣であれば、即日、お伺いいたします。
まずはご連絡ください。
弊社では、ガラスの破損によるトラブルに関してご相談を頂いております。すぐに伺う事が出来ない場合は、対処のアドバイスやその後のスケジュールも含めご相談対応をおこなっておりますので、お気軽にご相談下さい。


お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
0120-14-8134 TEL:042-472-7904  FAX:042-470-4904 受付時間:9:00 -17:00 土日・祝日休み
メールでのお問い合わせ
納品・施工実績
よくあるご質問
ご相談の流れ
主な対応エリア

※その他の地区にお住まいの方も、お気軽にお問い合わせください。

122900total sites visits.
Copyright © ハイサッシ工業株式会社. All Rights Reserved.